浪曲師 瑞姫-たまき- でございます

最終更新日:2017年3月19日

ごあいさつ

瑞姫のホームページへようこそ!
浪曲(または浪花節)は、独特の発声と節回しを楽しみながら、ひとつの物語を通して人間の本質を確認する芸能です。難解、古くさい、というイメージを持つお方もいらっしゃいますが、瑞姫はそんな先入観を払っていただけるよう工夫を凝らしています。
浪曲は、わかりやすい楽しい芸です!
新たな試みもいろいろやってますので、どうぞお気軽に、泣いて笑ってお楽しみくださいね!!

今後の出演予定

瑞姫ふたことみこと

独演会「瑞姫の浪曲聴いて人生笑い飛ばせ!!!」乞うご期待!
夜はちょっぴり冷えるとはいえ暖かくなりました。プチ花粉症の私は午前中くしゃみが多くなり始めると、ああ春だなぁと実感いたします。
でも花じゃなくて鼻とは悔しい限りでございます。
しばらくは朝ウォーキングはお休みして室内エクササイズと読書に切り替えていたのですが、あと1ヶ月半あまりでで独演会ではないか!と慌て始めているような今日この頃……
遅ればせながら、独演会の情報をホームページに掲載いたしました。
タイトルは「瑞姫の浪曲聴いて人生笑い飛ばせ!!!」
(前回よりビックリマークがひとつ増えました(笑))
というわけで、今度もまた強力ゲストをお迎えして張り切りますので、皆様のご予約どしどしお待ちいたしておりまーす!!

[2017年3月19日 瑞姫]

----- 追記 -----
先日ある方から、松平洋子師匠のご主人で浪曲師の三影若佐師匠がお亡くなりになっていたことを聞きました。心よりお悔やみ申し上げます。
もう十年以上前、私と同じく芸の上でとても悩んでいた同期の浪曲師に「絶対に勉強になるから行ったほうがいい」と誘われ、洋子師匠のお宅に毎週のように通いました。
主に、若佐師には台本の読み方と所作、洋子師には心構えや普段からの心がけを教えていただきました。何時間も、何度も何度も、もう若い私たちの方が体力がもたなくなるまで、それはそれは熱心に御指導くださいました。
浪曲が良かった時代に女流浪曲師の実力派として洋子師はとてもお忙しく、若佐師はマネージャーとして支えていらっしゃいました。
そんな大先輩が私のような者に惜しみなく沢山の事を伝授くださった。現在私が手がけている浪曲活動の大事な基礎となっています。私はあまりにも恵まれている事を改めて感謝申し上げます。
ああ、また貴重な方がいなくなってしまった…。
ご本人に直接御礼を言う前に会えなくなってしまいました。
入門してから素敵な先輩を沢山見送るばかりですが、良い教えや思い出を胸に、これからは私も皆様に何か残せますよう、日々大切に歩んでまいります。

新着情報(今後の出演予定)

2017年

5月13日(土曜日)

瑞姫の浪曲聴いて人生笑いとばせ!!! チラシ

「瑞姫の浪曲聴いて人生笑いとばせ!!!」 を開催、瑞姫書下ろしの新作浪曲に落語ネタの浪曲版など、強力ゲストを迎えての独演会です!
・「浪曲版・牛の丸薬」
・「美姿♥ズンバの花道」
【出演】瑞姫、特別浪曲ゲスト: おぼん
【開演】午後2時(午後1時半 開場)
【会場】浅草木馬亭 [台東区]
地図を見る
【料金】前売・事前予約:2,500円(当日 3,000円)
【予約・お問い合わせ】 HPからチケット予約・お問い合わせ

『東京人』2017年2月号(都市出版)の浪曲特集で、「東西、今この10人を聴け!」の一人として、瑞姫が紹介されました。バックナンバーになりますが、是非ご覧ください。

  • 瑞姫 -たまき-
  • 1968年生まれ、B型、東京都江戸川区出身。
    1993年入門。同年12月23日、浅草木馬亭にて浪曲師として初舞台。翌年、歌舞伎座浪曲大会に抜擢出演したのを皮切りに、以後、全国の舞台で活動するほか、テレビ・ラジオにも多数出演。
  • 詳しいプロフィールを見る